読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MMM

Zedd - I Want You To Know (Audio) ft. Selena Gomez


Zedd - I Want You To Know (Audio) ft. Selena Gomez ...

大好きなZEDDの待望の新曲がリリース。
パッと聴いた感じだと、Zedd ft. Selena Gomez というより Selena Gomez ft. Zedd という、女性ポップシンガーをEDMアーティストがプロデュースしました的な感じを強く感じてしまった。
曲がちょっとポップ過ぎかなっていうのが少し残念かな。もう少しピコピコ感が欲しかった。
でももちろんいい。

疾風ロンド

東野圭吾の『疾風ロンド』を読了。

以前の『白銀ジャック』と同じ実業之日本社から出版され、舞台も雪山。
『白銀ジャック』を読んだのはもう10年くらい前なので、登場人物を始めあまり覚えていなかったがWikipediaで改めて調べると同一人物が出てるので続きという扱いでいいのかな?

一番好きな作家が東野圭吾なので文庫になっているものはほぼ全て読んでる。
ただ、基本的に内容はよっぽど気に入った作品以外ほとんど記憶に残っていなかったり。

ところで東野圭吾作品は、

だいたいこんな分類じゃないかと思ってる。

そして実業之日本社の作品は雪山が舞台のエンターテイメント系の作品ってことらしい。

さて、この『白銀ジャック』は人間ドックの待ち時間の間に読み始め、結局、思いの外待たされて半分ぐらいその場で読む終えることになった。

感想としては、最後にズッコケ系の笑いの要素がきて意外に感じた。こういう終わり方の作品って他にもあったっけか?
作品の質はやっぱり東野作品は読みやすくて、読書が苦手な自分もグイグイ引き込まれる。
ただ読後にグッと胸に刺さる何かが残る作品ではないかな。普通のエンターテイメントな作品として楽しめた。

白銀ジャック (実業之日本社文庫)

白銀ジャック (実業之日本社文庫)

広告を非表示にする

バベル

年越す前に民放で放送された時に録画しておいた『バベル』を今更ながら観た。

感想としては何が言いたい映画なのかさっぱりわからんかった。

個人的に結構好きな映画『クラッシュ』の様な接点のない(と思われる)人たちのそれぞれの状況を描く群像劇な内容で、最後にどうやって収束していくのか、ある程度期待を持って観ていたがなんか尻切れトンボに終わってしまった感を強く感じた。

なので『バベル』の解説を求めネットでいくつかのレビューや解釈を読む。
そして「あ〜なるほどね〜」と思うものもいくつかあって、そういう解釈がすぐ出来る人、読みが出来る人ってスゴイなって思う。

結果的に疑問に対する結論、正解がほとんど提示されなかったが、少しは提示して欲しかった。。。

他人のレビュー等を読むまでクソつまらん映画だなコレって思ったけど、レビュー読んでからはちょっと面白かったかもって思った。
所詮、俺の感性はそんなもんだな...

広告を非表示にする

アンストッパブル

以前父親に『アンストッパブル』はなかなか面白いよって言われていて、どんなもんだろうって気になっていた。
しかも父親はトニー・スコットがあまり好きではないし。
そしたら少し前に民放で放送されていたのでとりあえず録画しておいて今回観ることができた。

感想としては、確かに迫力もありスリリングがあって面白かった。
ここ最近はアクション系の映画にはほとんど興味が無くて、基本サスペンスかSF、社会派系の映画しか観てなかったが、たまに観るアクションもいいな。
まあでも1回観れば十分な感じ。

広告を非表示にする

1Q84

読書は、どうしても早く読みたい東野圭吾伊坂幸太郎以外の本は、基本的にブックオフの100(108)円コーナーで購入して読む。
そして、小説なら持ち運びやすいように文庫版で。
したがって村上春樹に関しては上記二人に該当しないので100円の棚に陳列されるまで待つ。

1Q84は約半年〜1年ぐらい前に1,2,4巻を購入し、程なくして1,2巻を読み終えた。
で、3巻や残り巻もすぐ100円の棚に並ぶかと思いきや待てど暮らせどなかなか見つからず、結局半年〜1年経過して今日に至る。
陳列されてもすぐ買われちゃうのかな?

そしたら昨日、仕事の帰り際にブックオフにふらっと立ち寄ったところ、3巻を100円の棚で発見しやっと購入。ついでに残りの巻も。

これでやっと続きが読める。
ただもう2巻まで読んだのが結構前なので話をほとんど覚えてないっていう。。。

1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉前編 (新潮文庫)

1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉前編 (新潮文庫)

1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈後編〉 (新潮文庫)

1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈後編〉 (新潮文庫)

広告を非表示にする

DUOの開始

いい加減、英語に対する拒否反応をどうにかしようと英語の勉強を半年前から開始。 まずは英文法だと思い、ブックオフで数冊購入して読んでる。
中学英語の文法とか高校英語の文法とか。

その後、英語関連のブログなどを読むと必ずと言っていいほど「DUO」という教材が紹介されているので気になっていたら、先日ブックオフで売っているのを見つけたので購入。

そもそも英語なんて1年前だろうが10年前だろうが変化なんてまず無いんだから、英語の教材はブックオフとか古本で買うべきだよなぁって思う。 TOEICとかの試験系なんかは出題傾向とかあるのでそういうわけにはいかないのかも知れないけど、文法とか単語、熟語は古い教材を格安で。

とりあえず、CD5枚をMacに取り込み、単語も

これらのページを参考に音楽データの歌詞欄にコピペした。
あとは時間を作って勉強するのみ。

DUO 3.0

DUO 3.0

DUO 3.0 / CD基礎用

DUO 3.0 / CD基礎用

広告を非表示にする