読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MMM

『The Martin Garrix Collection』Martin Garrix

日本限定で発売されるってことなんで、Martin Garrixの『The Martin Garrix Collection』を購入。
生産限定かと勘違いして急いで予約して購入したが、日本限定というオチだった。
ネットで買うと定価1,500円だがタワレコの実店舗だと1,000円という謎の価格設定。
当然実店舗で買ってきた。

このアルバムもここ最近発表された曲の寄せ集めなので、正直YouTubeなどで聴こうと思えば聴くことができるものばかりだが、車のオーディオに取り込むことも考慮して購入。
ひと通り聴いてみて、どれも聴いたことある曲なので新鮮さはない。
まあMartin Garrixの曲は好きなのでいつでも気楽に聴けるのはいいかな。
Martin Garrixて結構な数の曲を発表しているのにアルバムをリリースしてないのは何故なんだろう?

以前このブログでも書いたが、『DON’T LOOK DOWN FEAT. USHER』がやっぱり一番好きだな〜 km.hateblo.jp

The Martin Garrix Collection (Japan Only Edition)

The Martin Garrix Collection (Japan Only Edition)

グランド・ブダペスト・ホテル

グランド・ブダペスト・ホテル』を見た。

劇画チックでアーティスティックな作品だなっていう印象。 映像美がすごくて色がカラフル。 原作を基にしておりその原作も現実世界の話だと思うがどこかファンタジック。 ウェス・アンダーソン監督作品は初めて見たが、少なくともこの作品のイメージはティム・バートン作品ぽい気がした。ファンタジックっという観点で。

コメディでありサスペンス的でもありテンポよく話が進んで行くので展開に置いてかれることもない。 深読みする必要もなくそのままを受け止めて観ればいいので気楽に観れるのが良い。 展開にそれほどの起伏はないけれども。

キャストが豪華で驚いた。

メガネを新調

Zoffで購入したメガネを10年ぐらい使ってて、だんだん締まりがゆるくなってきたし、あちこちぶつけたり落としたりしてるから、新しいの買いたいな〜って思うものの、普段コンタクトで生活してるからそこまで必要ないし、メガネを買うにはコンタクトを付けた状態では行けないからメガネ掛けて行くわけだが、メガネ掛けて街中に出掛けるのがイヤだな〜って思っててなかなか購入に踏み切れなかったメガネを購入してきた。

前回はZoffだったから今回はJINSで。

メガネ屋さんなんてメガネ買う時しか行かないわけだが、最初に視力・度数調整で、それからフレーム選択って流れなのね。JINS特有?

フレーム選択に結構時間かかった。っていうかメガネで「ファッション、キメたい!」とか全く無いから基本的になんでもいいし、ただまあ生活する上で目が悪いからしょうがないから掛けないとならないっていうモノなのであまり目立たず、軽い方がいいかなって感じで決めてきた。

それと2個買うと高い方の商品が1割引になるってことなんで、前々から車用にグラサンが欲しかったので一番安いのも合わせ買い。 合計12,000円弱。

ついでにこれまで使ってる方のメガネのネジを締めてもらった。

帰宅してから自分の家の鏡で再度確認したら、見慣れてるせいか今まで使ってるやつの方がいいな。。。 そしてネジ締めてもらったらフィット感増したし。。。

なんというか別に壊れたから買ったわけじゃないから、これら2つの使い分けをどうするか悩む。 片方は家用にブルーライトカットのものとかだったら使い分け出来るんだろうけど、今回は日常生活用のものを新調するという名目なのでしょうがないね。

JINSの購入アンケート答えたから5,000円クーポンもらえるといいな。 そしたら家用にブルーライトカットのものを買おう。

広告を非表示にする

続・ガッキー三昧の年末年始

km.hateblo.jpに続き、先日TVで放送されて録画してあった、ガッキーが出演している『S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』を鑑賞。

感想としては、そもそも邦画のこういうサスペンス・アクションに期待してないのでまあこんなもんだよねっていう感じ。
「感動させるぞっ」ていう演出と安っぽいCGが相変わらず逆に白けさせるのは邦画のこのジャンルの映画の特徴だと思う。
まあ内容にはそれほど特に興味なくてガッキーがどれだけ見られるかっていうのが個人的に興味あるわけで、そういう点からすると主演じゃない分あまり満足はできなかったかなと。
真面目にツッコめばこの状況下でなんでそんなに化粧してるのか?(まあしてても良いんだろうけど)あまりリアリティがないな。
逆にスナイパーという役のため度々アップで映されるキレイなガッキーの顔を拝めるのはかなり良かった。

年末年始にそこそこな数のガッキーの出演作を観たわけだが、振り返るといろんな役を演じてるな〜って少し驚くとともに感心した。
不良のマドンナ、応援団長、戦国時代のお姫様、スナイパー、そして逃げ恥の人妻。
それ以外にも弁護士だったり、探偵だったり。

よく比較される石原さとみと較べてみるとたぶん役の種類は数段に多いんじゃないだろうか?(石原さとみの出演作も大して知らないけど)
なんとなく石原さとみは小悪魔学生とかOLっていうイメージが強いし。
そう考えるとガッキーはいろんな役を演じられる役者と言えるのだろうか?

あと自分は演技のことはわからんけど、ガッキーが演技が上手いとは思ってない。
だけど、今回改めて感じたのは表情役者だなと。
もちろん可愛いから好きっていう前提で観てるからだけど、いろんな表情を観られたのがすごく良かった。
ただ、たぶんサイコ的な狂った表情を見ることはガッキーのキャラ的に一生できないだろうけど。。。

とまあ、年末年始のガッキー三昧はとりあえず一旦これで終了かな?
3月にはNHKでドラマやるみたいなのでそれを楽しみに待つことにする。

ガッキー三昧の年末年始

12/20に逃げ恥最終回でガッキーを見終えて年末年始に突入したが、ネットでは新垣結衣の文字がそこかしこに出ててガッキーから逃れられず、ガッキーの出演作を結構観たので少しばかりその感想を。

まず録画してあった逃げ恥の第7話と最終話、あと1話から10話までの総集編をHDの容量を空けるために削除しようと思って見直す。 やっぱり消さなかっただけあって、第7話はイイね。
できれば第9話か10話のガッキーの嫉妬する回も消さずに見直したかった〜

次に、癖でつい開くYahoo!トップページの真ん中の無料動画枠。
"ガッキーが硬派でキュートな応援団長に!?"という謳い文句で『フレフレ少女』をひたすらアピールしてくる。
観た。いい!ガッキー可愛すぎ!最高!
観る前にレビューを軽く眺めて全く期待してなかったけど、いい感じに青春しててよし。
まあガッキーじゃなかったらそれほどでもないっていう感想だったはずだけど...

次に、年末年始休暇に入って時間ができたので同じくGYAO!で無料放送中だった『ワルボロ』を鑑賞。
これは途中で「もう止めようかな〜」っていうぐらいつまらん。
というかガッキーがほとんど出ないし。。。
でも少しでもガッキー観たい一心で最後までなんとかがんばって観た。
おさげのガッキー最高

12/31は紅白歌合戦
もしかしたら紅白歌合戦を生まれて初めて開始から最後まで観たかも。
「恋ダンス」をガッキーが踊るのか注目だったわけだが、結局星野源と一緒に踊ることがなくていちおう一人でTVに向かって「踊んねーのかいっ!」とはツッコんでおいた。
まあ、あの最後の「ハイハイ、しょうがないから少しやりますよ」的な照れながらのちょっとのフリはある意味最高のガッキーが見ることができたと言えそう。

で、最後は今日、録画してあった『BALLAD 名もなき恋のうた』を鑑賞。
これはガッキーというか映画自体が意外に良く、コメディかと思ってたら予想外にシリアスで、それにプラスしてガッキーの健気さも相まって(あとお酒も入ってたし...)マジでちょっと泣いた。
ツンデレのツンのガッキーが見れて最高。

とまあ、ガッキー関連の映像を幾つか(普段TVをあまり観ない自分にとってはかなりの量)観たわけだが、結論

ガッキー可愛いし、ガッキー最高

ってことで明日から仕事なり。

最近のお気に入りの曲

前回の投稿から1年半振りの投稿

その間で気に入った曲を3つほど


Porter Robinson & Madeon - Shelter (Official Audio)

大好きなポタロビことPorter RobinsonとMadeonのコラボ曲。
ポタロビは恵比寿のLIQUIDROOMにも観に行ったほど好き。
アニメversionでは無くあえてこっちを添付


The Chainsmokers - Closer ft. Halsey

最近話題のThe Chainsmokersの曲。
ヒットしてるだけあってやっぱりいいね。


Marshmello - Ritual (feat. Wrabel) [Official Music Video]

今年ハマったMarshmelloの新曲。
最高にイイ

Tritonal & Cash Cash - Untouchable


Tritonal & Cash Cash - Untouchable - YouTube

自分の中で今年のNo.1候補
哀愁漂うメロディーがたまらんくて泣ける。

Cash Cash って名前は聞いたことあるものの詳しく知らないけど、音楽のジャンルをちょこちょこ変えてるっぽいのね。
なんかその時々のブームに便乗してる感じがして少し残念。。。